オートミールは栄養バランスに優れた健康食材!!子どもからシニアの方まで美味しく食べれるレシピをご紹介。

子ども

子ども

子どもの成長には、栄養バランスと、安心安全な食事がとても重要です。
オートミールは、良質な植物性たんぱく質を含み、ビタミンやミネラルも豊富で、子どもが元気に活動するエネルギー源として理想的な食品です。
オートミールは、「食べる力」を育てる離乳食から摂りいれることができます。子ども時代の食生活は、その後の健康状態に大きく影響します。小さなときから、体と心にいい、正しい食習慣を身につけさせましょう。
最近では、子ども肥満が問題になっています。食物繊維がたっぷりのオートミールは腹持ちがよく、子どもの食べすぎを防ぎます。スナック菓子の代わりに、オートミールを使ったクッキーやケーキを。
受験生の夜食にも、オートミールがおすすめです。インスタントスープに加えるだけで、簡単で低カロリーな夜食ができあがります。
子どもにとっても朝食は大切で、集中力や記憶力が向上するそうです。 オートミールの朝食で、1日を元気にスタートさせましょう。

レシピ

離乳食(オートミールの和風おじや)7~8ヶ月ごろ

[ 材 料 ]

オートミール 大さじ2、鶏ささみ10g、大根とにんじん 各 大さじ1
だし汁 1/2カップ

[ 作り方 ]

1.
細かく刻んだ鶏肉、小さい薄切りにした野菜をだし汁に入れて火にかけ、煮立ったら弱火にします。
2.
野菜がやわらかくなったら、オートミールを加えてかきまぜ、2~3分煮たらできあがり。

オートミールのドライカレー

[ 材 料 ]

オートミール 2カップ、パプリカ1個、玉ねぎ 1/2個、にんにく1片、卵1個
カレーパウダー、塩、オリーブオイル 少々

[ 作り方 ]

1.
ボールにオートミールと卵を入れ、よくまぜあわせる。
2.
パプリカと玉ねぎ、にんにくをみじん切りにして、オリーブオイルをしいたフライパンで、キツネ色になるまで炒める。
3.
オートミールと卵を、フライパンに加え、卵に火が通るまで炒める。
カレーパウダーを入れ、塩で味をととのえる。

オートミールココア(1人分)

[ 材 料 ]

オートミール 1/3カップ、水1カップ、インスタントココア

[ 作り方 ]

1.
水を沸騰させ、オートミールを2~3分煮る。
2.
インスタントココアを入れて、よくまぜる。仕上げに牛乳を加えても。

ライフスタイル

ピュアな材料ですくすく子育て

インスタント食品を食事にしている子どもが増えていますが、成長期の子どもであればなおさら、栄養豊かで質のいい食材を選びたいもの。
休みの日には、子どもと一緒に料理する時間を作りましょう。料理を教えることで、子どもは自然への関心を高め、食事の大切さを学びます。親子のコミュニケーションが深まり、子どもの感性も磨かれるでしょう。