オートミールは栄養バランスに優れた健康食材!!子どもからシニアの方まで美味しく食べれるレシピをご紹介。

シニア

シニア

食物繊維をたっぷり含み、たんぱく質のバランスがよく、ミネラルやビタミンが豊富なオートミールは、長寿の食品として注目されています。オートミールの食物繊維は、腸内の悪玉菌を排出して腸をきれいにし、それにより善玉菌が活性化されます。善玉菌は身体の免疫力を高める作用があることで知られています。また、この食物繊維は血管を元気にして、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中などを予防してくれます。
オートミールに含まれるビタミンEには、アルツハイマーに関与しているといわれる活性酸素を防ぐ働きがあります。
オートミールのβグルカンは、炎症にすばやく作用し、回復を早めます。
さらに、高齢になると亜鉛の血中濃度が低下するといわれますが、オートミールの亜鉛は精白米の約1.5倍です。
オートミールを食べつづけ、老後も健やかに元気に過ごしましょう。

レシピ

オートミールごはん

[ 材 料 ]

米7に対しオートミール3が目安

[ 作り方 ]

1.
炊き上がったごはんにオートミールをまぶし、ふたをして蒸らす。
温かいうちにかき混ぜていただく。
白米の欠点であるビタミンB1、B2の不足を補い、ふっくらと粘り気のある仕上がりになります。

オートミール和風お粥(1人分)

[ 材 料 ]

オートミール 大さじ4、だし汁 1カップ、塩、梅干と青ねぎ少々

[ 作り方 ]

1.
だし汁を煮立て塩味をととのえ、オートミールを加えひとまぜし、弱火で2~3分煮る。器にもり、梅干と刻んだ青ねぎをちらす。

オートミール納豆

[ 材 料 ]

オートミール 30g、納豆 1パック、だし、カラシ

[ 作り方 ]

1.
180mlの水を沸騰させ、オートミールを入れて、2~3分煮る。
2.
器に盛り、納豆を加え、軽くまぜる。
だしとカラシで味つけする。刻みネギをちらしても。

ライフスタイル

栄養バランスのいい介護食

高齢になると、胃腸の働きが衰え、消化不良を起こしたり、下痢や便秘を繰り返しがちです。
食物繊維の多いオートミールは、煮るとやわらかい粥状になり、高齢者の食事にぴったりです。
和風献立にすれば抵抗なく食べることができるでしょう。
歯ごたえのある固さから、重湯のような食感まで水分量で調節できるので、介護食としても最適です。
カルシウム不足を補うために小魚を加えたり、季節の野菜を加えたり、おいしい介護食メニューの幅が広がります。